ファーストマン

  アカデミー賞最多部門ノミネートの記録を持つ「ラ・ラ・ランド」の監督と主演男優が再びコンビを組んで製作されたのが、人類史上初めて月に降り立った男の半生を描くこの映画だ。男とは勿論、アポロ11号の船長ニール・アームストロング。月での第一声、「人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な一歩だ」(“That’s one small step for man, one giant leap for mankind.”)という言葉はあまりにも有名だ。
 “leap”という単語を初めてこの名言で覚えたのも懐かしい。今回あらためて調べてみると、“jump”が跳ぶ動作を中心に表わすのに対し、“leap”は跳躍による移動を強調するようだ。
 今では“time leap”がタイムトラベルと同じように用いられたり、“Leaper”が閏年生まれの4年に1回しか誕生日の来ない人を表わしたり、なかなか面白い使われ方をする。

 映画はアームストロングの性格そのままに淡々と進んでいく。人類最初の月歩行者でありながら、その素顔は極めて地味だったらしく、2番目に月に降り立ったバズ・オルドリンが「最初」の名誉にこだわり、いろいろ「運動」したのとは好対照なのだ。
 実際、映画にも描かれているが、月に何を持っていくか?“・・・will you take anything?”と記者会見で聞かれても、“If I had a choice, I’d take more fuel.”(「できるだけ、燃料をたくさん持っていく」)とそっけない。一方、オルドリンは記者とも軽妙にやり取りし、奥さんの宝石を持っていって自慢のネタ(自慢の権利“bragging rights”)を与えてやると笑いをとる。

 このほか映画には、ロケット、宇宙船に係る英語で参考になるものが多い。カウントダウン後の「発射」は“lift off”で、持ち上がるイメージが強く、巨大なロケット打ち上げシーンを見るとあらためて、英語の方が日本語の「発射」より現実に近いと納得する。
 宇宙船同士がドッキングするのは勿論“dock”なのだが、日本語は「ドッキングする」と現在分詞形に固定されている。だから、離れるときには、英語は“undock”でいいのに、日本顔では「切り離す」と違う別の単語を使わざるを得ない。
 
 アームストロングの月面着陸までの道のりに、実験失敗やテスト中の事故死など同僚や友人の悲劇が次々に起こる。輝かしい成功には死の影がつきまとう。
 そして、アームストロングが実際に月まで持っていき、置いていったものとは・・・。
 それこそが、監督が描きたかったもの、光の裏の闇、英雄の陰の悲しみなのか。そう考えると、偉業を成し遂げながらも決して華やかさはなく、寧ろ心の奥底に深い孤独感を隠しているかのような、この人物が取り上げられたのも、十分納得できようというものだ。