映画とミステリー 楽しむついでに英語力UP
映画を楽しみ、ミステリー小説を楽しみ、ついでに英語の力がつけばいい。
そんな気持ちで、映画を見続け、小説を読み続けてきた”わたし”のブログです。

ファーストマン

  アカデミー賞最多部門ノミネートの記録を持つ「ラ・ラ・ランド」の監督と主演男優が再びコンビを組んで製作されたのが、人類史上初めて月に降り立った男の半生を描くこの映画だ。男とは勿論、アポロ11号の船長ニール・アームストロング。月での第一声、「人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な一歩だ」(“That’s one small step for man, one giant leap for mankind.”)という言葉はあまりにも有名だ。
 “leap”という単語を初めてこの名言で覚えたのも懐かしい。今回あらためて調べてみると、“jump”が跳ぶ動作を中心に表わすのに対し、“leap”は跳躍による移動を強調するようだ。
 今では“time leap”がタイムトラベルと同じように用いられたり、“Leaper”が閏年生まれの4年に1回しか誕生日の来ない人を表わしたり、なかなか面白い使われ方をする。

 映画はアームストロングの性格そのままに淡々と進んでいく。人類最初の月歩行者でありながら、その素顔は極めて地味だったらしく、2番目に月に降り立ったバズ・オルドリンが「最初」の名誉にこだわり、いろいろ「運動」したのとは好対照なのだ。
 実際、映画にも描かれているが、月に何を持っていくか?“・・・will you take anything?”と記者会見で聞かれても、“If I had a choice, I’d take more fuel.”(「できるだけ、燃料をたくさん持っていく」)とそっけない。一方、オルドリンは記者とも軽妙にやり取りし、奥さんの宝石を持っていって自慢のネタ(自慢の権利“bragging rights”)を与えてやると笑いをとる。

 このほか映画には、ロケット、宇宙船に係る英語で参考になるものが多い。カウントダウン後の「発射」は“lift off”で、持ち上がるイメージが強く、巨大なロケット打ち上げシーンを見るとあらためて、英語の方が日本語の「発射」より現実に近いと納得する。
 宇宙船同士がドッキングするのは勿論“dock”なのだが、日本語は「ドッキングする」と現在分詞形に固定されている。だから、離れるときには、英語は“undock”でいいのに、日本顔では「切り離す」と違う別の単語を使わざるを得ない。
 
 アームストロングの月面着陸までの道のりに、実験失敗やテスト中の事故死など同僚や友人の悲劇が次々に起こる。輝かしい成功には死の影がつきまとう。
 そして、アームストロングが実際に月まで持っていき、置いていったものとは・・・。
 それこそが、監督が描きたかったもの、光の裏の闇、英雄の陰の悲しみなのか。そう考えると、偉業を成し遂げながらも決して華やかさはなく、寧ろ心の奥底に深い孤独感を隠しているかのような、この人物が取り上げられたのも、十分納得できようというものだ。

Creed 2

 シルベスター・スタローンの代表作「ロッキー」シリーズの第二世代物とも云うべき、「クリード チャンプを継ぐ男」の続編だ。新シリーズの主人公、黒人ボクサーのアドニス・クリードの父親であり、またロッキーの親友であったアポロ・クリードを、「ロッキー4/炎の友情」の試合中に殺してしまったのがドルフ・ラングレン演じるイワン・ドラゴ。その息子ヴィクターが、ヘビー級世界王者になったアドニスに挑戦状を叩きつける。アドニスはチャンピオンベルト防衛と父の死へのリベンジを賭け、ロッキーの反対を押し切りタイトルマッチのリングにあがる・・・。

 と、まあ有りがちな展開ではある。映画のタイトルも邦題では「クリード 炎の宿敵」と、「炎」繋がりで関連性を示している。原題ではシンプルに“Creed Ⅱ”だが、日本の題名は親切、かつ一寸ウエットに過ぎるかな。
 そもそも“Creed”は、この映画では人名ではあるものの、「信念」「主義」特に宗教上の「信条」や「教義」といった意味を持つ普通名詞でもあり、わたしのイメージとしては(あくまでわたしのイメージだが)「引き継がれていくもの」というようなニュアンスが含まれている。映画の内容にぴったりではないだろうか。
 もっとも「ロッキー」“Rocky”にも、「岩のような」「意志の固い」「不動の」「頑固な」「困難な」「問題を抱えた」という意味があるのだから、映画の本質がこれら人名に込められているのはほぼ明らかだろう。さらに“Rocky”には、「(殴られたり、酒に酔って)ふらふらになっている」「グロッキーの状態」という意味もあるようだ。「ロッキー」シリーズで繰り広げられるボクシングシーンを思い出すと、なぜかニンマリしてしまう。
 
 ロッキーがドラゴとのタイトルマッチに反対し、アポロが死んだときのことを“・・・he died right here in my hands.”と嘆くが、字幕では「腕の中で・・・」となっている。よく指摘されることだが、日本語と英語では身体の部位を使った表現が少しズレていて面白い。「強肩」が“Strong arm”になるなどは良い例だ。
 このほか、耳をそばだてて聞いてみると、ボクシングの試合にまつわる英語らしい表現がぽつぽつと入って来る。
 トレーナーがアドニスに「みんなお前を応援している」と激励するのは“This is your house”。「スタジアム全体がお前のものだ」というわけだ。
 ロッキーはテレビでアドニスの試合を観戦しながら「ボディーを打て」、「もっと下だ」と呟くが、よく聞くと“Down stairs!”と言っていた。「下の階」に打つと云うことだろう。

 いよいよロッキーがセコンドに入り、因縁の試合は死闘と化していく。ロッキーはこのとき“・・・give him pain more than gain”と叫んでいたように思う。字幕では「肉を切らせて骨を断て」となっていた。日本語のアドバイスの方が格好いいな、と感じた次第。
 映画はありきたりのストーリー展開をたどるが、前作の「クリード」と同様、迫力のカメラワークとエモーショナルな音楽で、最後まで魅せていく。
 その結末にほっと胸をなで下ろし、充実感を感じたのは、わたしが相当シンプルな人間だからかだろうか。

 


デスウィッシュ
 1974年チャールズ・ブロンソン主演で製作された、邦題「狼よさらば」のリメイク作品だ。旧作は好評で、その後シリーズ化され計5作品作られた。シリーズ第一作も原題は“Death Wish”。今回は原題をそのままカタカナにして公開されたが、これは最近よくあること。「マグニフィシェント・セブン」もそうだった。

 面白いのは、当時のシリーズ作品が邦題では第二作以降「ロサンゼルス」「スーパー・マグナム」等々と、作品ごとに全く違うのに対して、原題は“Death WishⅡ” “Death Wish3”・・・とちゃんとナンバリング・タイトルになっていたことだ。
当時日本ではチャールズ・ブロンソンは絶大な人気を誇っていた。彼の主演作というだけで客を呼べる状況であり、さらに単なる続編というイメージを付けたくなかった日本の配給会社の意向があった一方、本国ではそこまで俳優の人気に頼れず、第一作の高評価をあくまでも利用しながら、シリーズ作品として製作が続けられていた、と(勝手ながら)考えると納得だ。
 ただ、シリーズ作品の内容は回を追うごとに低下し、典型的B級作品群となっていったことは想像するに難しくないだろう。
 
 さて、映画の中味は今回の主演ブルース・ウィルス演じる救急外科医が、強盗に妻を殺され、娘を昏睡状態にされたことから、夜の街に出て行き、警察に頼らず自分の手で悪党どもを始末し始めるという、今ではあまり珍しくないストーリーだ。自警団(ビジランテ“Vigilante”)ものというレッテルさえある。
 すぐ思いつくのは、ジョディ・フォスター主演の「ブレイブワン」だろう。
 だから、こうしたジャンルの、ある意味先駆けとなり、当時はそのバイオレンス描写とあいまって世の中に衝撃を与えた作品ながら、今では展開に新鮮味を欠くことになった内容の映画をわざわざリメイクする意味がどこにあったか考えてしまう。
 銃の所持に対する議論が延々と続く米国で、一定の答えを出す意味もあるのだろう。それ故に、この作品への批判も結構多いらしい。

 ビジランテものによくあるパターンだが、主人公の行動に「死神」か「英雄」か、と議論が巻き起こる。
 ここでの「死神」は“The Grim Reaper”と呼ばれている。今回初めてその名を知ったが、“The Grim Reaper”は大鎌を持った格好で、よく西洋の絵画などに出てくるあの骸骨らしい。黒ずくめでフードをしている。
 主人公が「パーカー」の「フード」で顔を隠して夜の街を徘徊するからそう呼ばれるのだろうが、この「パーカー」は英語では“Hoody”と言うようだ。
 「英雄」は“Folk Hero”と呼ばれ、「守護天使」(“Guardian Angel”)とも言われる。
そして“Is he a hero or is it wrong? ” と議論される。“Hero or Zero?”なんていう表現も出てきた。
 その行動を正当化するのは、“If a man really wants to protect what’s his, he has to do it for himself.”(「ひとが本当に自分のものを守りたいなら、自力でやるしかないんだ」拙訳)という、主人公の義父のせりふだ。(なお、“for himself“のforは無くてもいいように思っていたが、「自力で」と強調する際には使うようだ)
 その意味するところには賛同できるが、その結果や影響には大いに疑問が残るというのが大抵のひとの感じるところだろう。
 だが、この映画の結末に、ある種の爽快感を感じてしまうのも事実。世の中そう単純じゃないんだ。


 

↑このページのトップヘ